あなかーのひとりごと(但馬竹野の情報)

「あなかー」って言葉を聞いたことがある方は、但馬海岸竹野の方や出身の方です。リタイア後、ふるさとに帰り年金生活をしていますが、ふるさと但馬竹野の素晴らしさを発信していきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竹野中学校旧校舎裏山からみたふるさと

!~ふるさとから見える山からふるさとを見れば~
第3弾 竹野中学校旧校舎の裏山からふるさとを見れば!


平成8年9月1日に、竹野中学校は新しく建てられた新校舎に移転しました。
旧校舎は、昭和28年の落成から平成8年まで多くの卒業生の学び舎として西町に竹野の風景の一部として存在していました。

取り壊しの2年ほど前に撮影した懐かしい旧校舎
旧竹中
取り壊しの直前に同級生と再開したときに撮影
e.jpg

平成8年9月1日に、竹野中学校は新しく建てられた新校舎に移転しました。
旧校舎は、昭和28年から平成8年まで存在した学び舎は取り壊され現在は、空地になっていますが、現在は“ドクターヘリ”のヘリポートとして利用されています。

DSCN0171.jpg

2007.1.30 3482007.1.30 609DSCN0173.jpg

 竹野中学校旧校舎の裏山にはテレビのミニサテライトのアンテナが立っていますが、竹野の浜地区のほとんどの場所からこの山を望む事ができます
 標高70mほどの山ですが、在学中は休み時間や放課後になると、この山によく登ったものです。特に椎の木が多く自生していて、秋になるとその実を採りに級友たちと上りました。
 現在、テレビ塔のある山頂は雑木が生い茂り、またそれらの樹木の丈が大きくなり、樹上によじ登るか、脚立を使用しないと撮影できない状態です。
 最近は、ふるさとのどこの山に登っても、名も知られぬ山は、登山道も整備されていず、上がるだけでも大変ですが、頂上に到着してもその眺望がまったく開けていない場合がほとんどです。雑木が伐採され植林された山は、その後手入れがされず、笹が生い茂り、背丈ほどにもなっていて眺望が聞かず、日当たりがよいため、サルトリイバラ(サンキライ)のような鋭い棘の植物や葛のようなつる性の植物が生い茂り写真撮影には困難を極めます。
 今回紹介する写真は5年ほど前に撮影したものです。


DSCN5999.jpg2007.1.30 780">2007.1.30 7782007.1.30 7852007.1.30 787/a>2007.1.30 784

但馬海岸で、町の中に河口港があり、その両側に建物が密集し、街並が続く市街が形成されているのは、竹野のほかに無いと思っていますが・・・

規模の大きいところでは信濃川河口に発展した新潟もそうだとおもうのですが・・・
DSCN6000.jpg2007.1.30 8012007.1.30 802
  1. 2010/08/30(月) 19:28:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城山から見たふるさと

ふるさとから見える山から見たふるさとの風景

城山からみたふるさとの風景


 JR山陰本線竹野駅の後ろに聳える山、過去のブログでふるさとから見えるふるさとの山々シリーズ
で取り上げた山、
 竹野地区の地元では「城山」と呼ばれ地区民の誰もが親しんでいる山で、竹野地区の一部の場所を除きほとんどの場所から眺められます。
 戦国時代の末期に草飼城として、海岸線の物見に使われた中竹野地区にあった垣谷駿河守の居城、轟城(青葉城)の支城であったといわれています。

 織田軍の但馬攻めに対し、但馬守護山名氏の家臣団が織田派と毛利派に別れていた時期、垣谷氏は、毛利の3兄弟の内、山陰地方を勢力下にしていた吉川広元に援軍を要請し、援軍が来たとも言われていますが、定かではありません。
 しかし、この城山からの眺望からして、吉川の水軍を待っていたという話も本当のように思われます。

駅前2DSCN5952.jpg



2007.1.30 898
DSCN2388.jpg
DSCN2396.jpg
DSCN8116.jpg
P3200019.jpg
P3200020.jpg
P3200021.jpg
P3200024.jpg
P9230003.jpg
  1. 2010/08/17(火) 14:08:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知人の喫茶店 豊岡市出石町

 今回は、私のブログのコンセプト「私の好きなふるさとの風景」から少し脇道にそれて、
昨日、コーヒーブレークした喫茶店を紹介します。

但馬、豊岡市出石町に数年前にオープンした、
珈琲蔵「風空路欧(ふ・く・ろ・う・)」を紹介します。
DSCN0157.jpg
DSCN0156.jpg

 私の現役時代の同僚「しんちゃん」と、
週一のペースを目途に但馬地域内の、あちこちの喫茶店や、たまには、日帰り温泉に行ったり、年金暮らしの団塊世代でのんびりしています。

今日は、二人が現役時代・・・同じ会社の後輩がオーナーをしている喫茶店に赴き、珈琲ブレークしてきました。

 オーナーの「まっちゃん」と、それをお手伝いしている女性の「ゆうちゃん」も私たちが現役時代の会社の仲間でした。DSCN0147.jpgDSCN0146.jpg
今回は久しぶりに、「真ちゃん」と二人揃ってコーヒーブレークに立ち寄りました。
何時訪れても、落ち着いた雰囲気で、珈琲通の人なら、一見の観光客にも、地元の常連様にもこだわりの喫茶店として定評のある喫茶店です。


外観や、内部のインテリアからも、「珈琲蔵」と呼ぶにふさわしいたたずまい。DSCF0391.jpgDSCN0149.jpg
窓際のテーブル席からは、四季それぞれに移ろい変わる出石城跡と谷山川の畔の風景を眺めながら至福のひと時を過ごしてみては・・・DSCN0151.jpgDSCN0153.jpg

出石を訪れた際には、出石観光のメーンイベント、出石城や、辰故楼にも近い場所にあるので、是非お立ち寄りください。

木の優しい温もりのする、“癒しの空間”です。

めったに見られない、水出しアイスコーヒーのサイホン・・・・
これで作られるアイスコーヒーは絶品!!!!

DSCN0148.jpg

  1. 2010/08/04(水) 10:23:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田楽山から見たふるさと

ふるさとから見える山々
その3「ふるさとの山からみた風景」」

ふるさとの山を仰ぎ見ながら、いつも思うこと・・・
「こちらから見えるのなら、あの頂から眺める景色はどうなんだろう!」って考えるのですが・・・・


最近は道が荒れている山が多く、ほとんどその頂からの風景を、ふるさとの人でもあまり見たことの無い風景」となっていると思い、「田楽山(でんがー)」を2回にわたり掲載しましたが、

前回に「でんがあ」の写真の数枚に
「大平(おおなる)の位置に矢印を入れています。
その「おおなる」から見下ろした竹野の風景を紹介します

2007.1.30 7392007.1.30 740DSCN6742.jpgDSCN67413.jpg

JR竹野駅前の豊岡市竹野総合支所付近を眼科に望む。

DSCN6741.jpg
DSCN6370.jpg
2007.1.30 741
対面に聳える城山と竹野駅周辺
2007.1.30 742
  1. 2010/07/30(金) 09:07:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「でんがあ」その2

ふるさとから見える山「でんがあ」その2
DSCN0370.jpg
DSCN0010あ
DSCN0008a.jpg
DSCN0007 コピー2
DSCF0652.jpg
DSC00411.jpg
  1. 2010/07/29(木) 22:20:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

あなかー

Author:あなかー
「あなかー」のプロフィール

リタイア後、ふるさとで年金生活をしています。現在いくつかのボランティアをしています。

ふるさとに帰って、ふるさとの素晴らしさに気づき、多くの人にその素晴らしさを識ってもらい、昔ふるさとの人、今ふるさとの人にも、その素晴らしさを紹介したい。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (27)
竹野の自然 (22)
但馬の情報 (6)
さんぱち会 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。