あなかーのひとりごと(但馬竹野の情報)

「あなかー」って言葉を聞いたことがある方は、但馬海岸竹野の方や出身の方です。リタイア後、ふるさとに帰り年金生活をしていますが、ふるさと但馬竹野の素晴らしさを発信していきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田楽山その1」

ふるさと竹野から見える山シリーズ「でんがあ」 
              
国土地理院発行の2万5千分の1の城崎で、竹野の東、竹野中学校の後方に聳える山が竹野地区在住の地元の人が272mの山があります。 地元の竹野浜地区では「でんがあ」と呼んでいる山です。                                                                       
 昭和53年2月11日発行の、竹野郷土研究会著、元参議院議員北条秀一編集の「竹野郷外史(一)」では、以下のように記されている。 「「田楽山」「でんがあ」と呼ぶ。「殿岳」または「田楽」の字を当てているが、「田楽山」の方が正しい。竹野川下流の三角州が埋まって田を作るようになったのは一五〇〇年前である。田を作るようになってから、六月の梅雨はなくてはならないものだが、空梅雨の時に神に雨乞いをするため、この山上に焚き火をし、田楽舞を捧げたのである。大昔から人々は死後の霊はこの山に上り、浜部落の子孫を見下ろし、その安全を守ってくれると信じていた。」」とあります。                                               
先に紹介した城山のほぼ反対の方向に対照的にそびえている山です。 竹野に生まれ竹野に育った人には、記憶に残っている山だと思いますが・・・
2007.1.30 302 DSCF0652.jpg DSCF0651.jpg DSCF1360.jpg 2007.1.30 168 2007.1.30 944 竹野中学校 DSC05288.jpg 2007.1.30 361 2007.1.30 353
スポンサーサイト
  1. 2010/07/21(水) 09:40:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「でんがあ」その2 | ホーム |  城山 その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jr3xcl.blog57.fc2.com/tb.php/21-ecf8bec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あなかー

Author:あなかー
「あなかー」のプロフィール

リタイア後、ふるさとで年金生活をしています。現在いくつかのボランティアをしています。

ふるさとに帰って、ふるさとの素晴らしさに気づき、多くの人にその素晴らしさを識ってもらい、昔ふるさとの人、今ふるさとの人にも、その素晴らしさを紹介したい。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (27)
竹野の自然 (22)
但馬の情報 (6)
さんぱち会 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。