あなかーのひとりごと(但馬竹野の情報)

「あなかー」って言葉を聞いたことがある方は、但馬海岸竹野の方や出身の方です。リタイア後、ふるさとに帰り年金生活をしていますが、ふるさと但馬竹野の素晴らしさを発信していきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

但馬の名刹・古刹めぐり①

今日現役時代の会社OB三者会談?!

豊岡の新田地区のとある喫茶店で・・・

午前10時前から12時前まで・・・

時の経つのも忘れて話も弾み、あっという間の楽しい2時間だった。

その後、神美の友人と別れ、残り二人で、気の向くまま、

養父市十二所の真言宗新宮山満福寺へ参詣した。

途中満福寺と書かれた道標に従って進むと直ぐお寺が見つかった。

駐車場に車を駐めて本堂前へ進み参拝。

ところが阿弥陀堂前の石柱の山号と寺名が目的の満福寺さんと違う!・・・

DSCN1995s.jpg

その付近を見渡してもお寺さんが見当たらない!

看板のところをよくよく見ると道標の付近にもう1本道が、こちらだったのか、と思い民家の間を抜けてもなかな

かお寺さんが見当たらない。

そのうち民家のある街並みを過ぎて山道が続く・・・ひょっとして真言宗のお寺さんなので密教修行のため、山中

にあるお寺なのかと思い、山道を進んでいくと・・・石仏が一つ、さらに進むと、また一つ、そしてまた一つと続

く。

何体か過ぎると建物が見えてきた。

DSCN1996s.jpg DSCN1997s.jpg DSCN1998s.jpg

このさらに奥には本当の本堂があり、ご本尊様はそちらにおまつりしてある由、住職夫人の談。

DSCN2000s.jpg

この上に更に舗装された道が続く・・・どこまで続いているのか住職夫人に尋ねると、八鹿の朝倉に続く由。

後に越前守護で、一乗谷に居を構え、織田信長により滅ぼされた朝倉氏発祥の地はこの付近で古城跡にも近いよう

だ。

そのような歴史に思いを馳せ、朝倉地区へ下った。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/23(水) 17:54:57|
  2. 但馬の情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

あなかー

Author:あなかー
「あなかー」のプロフィール

リタイア後、ふるさとで年金生活をしています。現在いくつかのボランティアをしています。

ふるさとに帰って、ふるさとの素晴らしさに気づき、多くの人にその素晴らしさを識ってもらい、昔ふるさとの人、今ふるさとの人にも、その素晴らしさを紹介したい。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (27)
竹野の自然 (22)
但馬の情報 (6)
さんぱち会 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。