あなかーのひとりごと(但馬竹野の情報)

「あなかー」って言葉を聞いたことがある方は、但馬海岸竹野の方や出身の方です。リタイア後、ふるさとに帰り年金生活をしていますが、ふるさと但馬竹野の素晴らしさを発信していきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竹野ジオブラウォーキング

竹野ジオブラウォーキング


ブラタケノ

兵庫県の地域再生プログラムで竹野浜自治会が立ち上げた「明日の竹野浜」プロジェクトのジオブラマップ班では昨年度に、まず地域の人達に地元をよく識ってもらおうと散策マップ「ジオブラマップ」のジオブラタケノ名称・気象・天然記念物の巻と街並み風物の巻を昨年制作し、自治会内全戸に配布しました。今年度最初の事業として上記のパンフのとおり5月20日(日)ブラタケノウォーキングを実施しました。

集合場所の老人福祉会館「ふれあい会館」には男女あわせ35名が参加しました。
青山会長の挨拶の後、ウォーキングを始めました。

まず会館横にある大灯籠について勉強。
DSCF5055s.jpg DSCF5056s.jpg

その後ジャジャ山の33番の石仏めぐりに登山開始。興長寺境内の33番を残し、32番までを順次説明を受け検証しながらお参りしました。
DSCF5059s.jpg DSCF5060s.jpg

階段を登り終わると尾根部分は平坦で新緑の林間を散策しながら展望台、そして北側の階段をおり、県道へ。
DSCF5077s.jpg DSCF5078s.jpg DSCF5080s.jpg DSCF5084s.jpg

県道から「いわがな」と呼ばれている県道脇の洞窟の見学。昔大蛇がすんでいたとか、玄武洞まで続いているとの話が伝承されていました。参加者の皆さんもおっかなびっくり入り口から少し中へ入ってみました。
DSCF5086s.jpg DSCF5094s.jpg DSCF5095s.jpg

海岸通りを通って⇒北前館⇒猫崎半島(賀島山)⇒誕生の浦の甌穴群、象の化石足跡と廻り、五社裏の竹野川河口横駐車場で解散しました。
海岸ではわかめ干しをしていた知り合いとも立ち話。
DSCF5096s.jpg DSCF5097s.jpg DSCF5103s.jpg DSCF5108s.jpg DSCF5115s.jpg DSCF5118s.jpg
河口からは、いつもかわらぬ姿の来日山が佇んでいます。
DSCF5122s.jpg
竹野浜の町中にはまだこのような井戸が現在も残っています。
使われなくなった井戸の傍らには地蔵さんが祭られています。昔は女の人達の嬌声が聞かれたものでしょう。井戸端会議の様子が容易に脳裏に浮かんできます
DSCF5124s.jpg
ジャジャ山の33番に対し、賀島山(猫崎半島)には八十八番の石仏がありましたが、現在はかなりの数の石仏の所在がわからないままとなっています。八十八番の最後は賀島山龍海寺の境内にあります。
DSCF5125s.jpg
IMG_0001s.jpg
IMG_0002s.jpg
IMG_0003s.jpg
IMG_0004s.jpg
  1. 2012/05/20(日) 20:10:10|
  2. さんぱち会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

あなかー

Author:あなかー
「あなかー」のプロフィール

リタイア後、ふるさとで年金生活をしています。現在いくつかのボランティアをしています。

ふるさとに帰って、ふるさとの素晴らしさに気づき、多くの人にその素晴らしさを識ってもらい、昔ふるさとの人、今ふるさとの人にも、その素晴らしさを紹介したい。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (27)
竹野の自然 (22)
但馬の情報 (6)
さんぱち会 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。