あなかーのひとりごと(但馬竹野の情報)

「あなかー」って言葉を聞いたことがある方は、但馬海岸竹野の方や出身の方です。リタイア後、ふるさとに帰り年金生活をしていますが、ふるさと但馬竹野の素晴らしさを発信していきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続竹野の3奇岩

過去のブログ(5月6日)でシリーズで紹介しましたが、私(あなかー)が「竹野の3奇岩」と私的に称している大岩があります。

それは、� 竹野町切濱と須井の間の海岸にある「はさかり岩」
    � 竹野町床瀬にあり、連休前にイベントが開催される「狗留尊佛(くるそんぶつ)
    � 竹野町阿金谷の鋳物師峠の大岩
です。
他の2つについては、天然記念物であったり、イベントが開催されるなど、名前が知れ渡っており、そこそこ知られていますが、

� 竹野町阿金谷の鋳物師峠の大岩については、鉄道が開通するまでは、山陰道に続く但馬を横断する旧湯島街道にあり、昔は但馬の海岸線にある集落を結ぶ幹線沿いにあった峠で竹野から湯島(城崎)を結ぶ峠の途中にあり近くには茶屋などがあり、当時は有名な大岩だったと言います。

 湯島街道は、江戸時代には出石藩から竹野へ行く表街道であり、また幕末には豊岡藩の所領であった浜坂町田井などの海岸防衛の任に当たった豊岡藩士が行き交った街道であったと言います。
また、出石の城下を訪れた文人墨客が、昔の歌に読まれた「雪の白浜」と言われた竹野濱に(諸寄が雪の白浜だという説もありますが)にも足を延ばした折に超えた峠です。
 「雨月物語」の著者上田秋成も、この峠の大岩について書いているそうです。

 山陰本線が開通し、すっかり忘れ去られてしまったこの大岩について、但馬の情報紙「T2」や豊岡市商工会竹野支部の発行した竹野の案内地図に私の撮影した地図が掲載されており、また竹野のいくつかの公共の場所で私の撮影した写真を掲載していただいています、
私称「竹野の3奇岩」のうち「鋳物師峠の大岩」のみ、その存在があまりしられていなので、多くの人にその存在を知っていただきたいと考えています。

東側から2

 しかし、地元のひとでも「あなかー」さんの撮影した写真はどこへ行ったら撮れるんだとよく訊かれます。
私は、「あの写真は撮れません。」とお答えしています。

 以前に、「ふるさとの山から見たふるさとの風景」でも書いていますが、その撮影場所まで行くのに山が荒れていてたどり着くのに非常な困難を伴うのです。


 しかし、この岩は、遠望ですが県道や、山陰線を通る列車の車窓からも見ることができます。

DENSYA51.jpg

densya7.jpg
 竹野福祉センター前の県道や山陰本線の車窓からも、須谷-和田の間の区間の一部から見ることができます。
西からの夕日に映える午後には、白く光って見えます。
以下の写真は、福祉センターから、種々な倍率のレンズで撮影したものです。
昔の人は目がよかったのか、列車の車窓からよく見えたと聞きます。
DSCN0189.jpg

DSCN0188.jpg
DSCN0182.jpgDSCN0181.jpgDSCN0186.jpg東屋から8

荊木山アミニティ道路の終点から、また途中にある東屋から見た大岩を紹介します。
終点までは徒歩で1時間程度、東屋には30分程度の徒歩でいけます。
5.jpgP1010003.jpg午前中に、アミニティ道路の終点より少し進み、急鋳物師戻峠の頂上から少し尾根伝いに上ったあたりで撮影しました・P1010025.jpg東側から4
スポンサーサイト
  1. 2010/09/05(日) 18:54:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

あなかー

Author:あなかー
「あなかー」のプロフィール

リタイア後、ふるさとで年金生活をしています。現在いくつかのボランティアをしています。

ふるさとに帰って、ふるさとの素晴らしさに気づき、多くの人にその素晴らしさを識ってもらい、昔ふるさとの人、今ふるさとの人にも、その素晴らしさを紹介したい。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (27)
竹野の自然 (22)
但馬の情報 (6)
さんぱち会 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。