あなかーのひとりごと(但馬竹野の情報)

「あなかー」って言葉を聞いたことがある方は、但馬海岸竹野の方や出身の方です。リタイア後、ふるさとに帰り年金生活をしていますが、ふるさと但馬竹野の素晴らしさを発信していきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

右近義徳バリトン独唱会

右近義徳バリトン独唱会

 11月30日(金)午後1時半より、竹野町老人福祉会館(ふれあい会館)で竹野町東大谷出身の右近義徳先生のバリトン独唱会が開催されました。

 右近先生のご実家は現在竹野町竹野で私”あなかー”の同じ区の同じ隣保にあります。


 大正時代に竹野小学校にそれまであったオルガンが老朽化し、使用できなくなったため、当時の長岡校長が、これからは音楽教育にはピアノが必要と訴え、主意書にしたため、当時学習院で教鞭を執られていた竹野松本出身の書家、仲田光成先生に清書を依頼し、校区内村民へ篤志を募ってドイツドレスデンへ発注、小学校へ寄贈されたピアノで、「ドイツカラ来たピアノ」と呼ばれ、多くの村民や卒業生の耳と心にその音を刻みました.
時は過ぎ、このピアノも老朽化し、数年前に校区内の篤志家が寄贈したピアノにその座を譲り、放置されたままでしたが、教員OB・OG有志により、この度修理され蘇りました。

 蘇ったピアノの音を披露すべく、ふるさとの誇り、ふるさとの宝、日本音楽教育学会の重鎮の右近義徳先生の独唱会が実施されました。



神戸新聞に掲載された記事。

IMG_0001s.jpg

右近先生が歌われた文部省唱歌のピアノ伴奏を作曲された田口雅夫先生が東京からこられ、本番前にピアノ伴奏の
岡本順子さんと右近先生3人で記念撮影。

IMG_0002s.jpg

リハーサル中、リラックスして歌われている右近先生。
DSCF9128.jpgDSCF9127.jpg DSCF9117.jpg

DSCF9150.jpg DSCF9145.jpg DSCF9149.jpg DSCF9143.jpg DSCF9128.jpg DSCF9149.jpg



田口先生による右近先生の紹介。田口先生は右近先生の国立音楽大学の後輩で、現在母校で教鞭を執っておられ、幼児教育のためのピアノ伴奏に関する著書を書かれています。
〜日本語の美しさを大切にされている音楽家は日本中での数人と紹介。また大正時代にピアノの素晴らしさを説い
た先人の尊い思いにも感銘したとお話されました。〜
DSCF9142.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/12/11(火) 12:15:46|
  2. 但馬の情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひとり暮らしのつどい

去る6月28日、豊岡市竹野地区社会福祉協議会主催の「ひとり暮らしのつどい」が竹野フクシセンターで開催さ

れました。

竹野地域に在住のひとり暮らしの高齢者のみささん方にお越しいただき、隣接する「豊岡市認定こども園」の園児

の子どもたちの歌やおどり、またお年寄りと一緒のおあそびや、同じく隣接する知的障害者作業所「なかよし園」

の入所者の皆さんによる演劇。私達竹野民生委員児童委員協議会の悪徳商法防止のためのショートコントや踊り

愛育版の皆さんの踊りなど、盛りだくさんのパフォーマンスで一日楽しく遊んでいただきました。

DSCF6285.jpg DSCF6299.jpg DSCF6303.jpg DSCF6304.jpg DSCF6306.jpg DSCF6331.jpg DSCF6390.jpg DSCF6349.jpg
DSCF6393.jpg DSCF6312.jpg DSCF6367.jpg DSCF6368.jpg DSCF6369.jpg
  1. 2012/06/30(土) 20:15:45|
  2. 但馬の情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹野地区公民館「ウクレレを楽しもう!」

竹野地区公民館「ウクレレを楽しもう!」

第1回は、ウクレレデモ演奏

出演は。Tフレンズのメンバーの一部。また豊岡のウクレレ教室の受講生の皆さん。

市内日高、城崎、豊岡そして竹野の方など、市内各地からお越しいただきまそた。

DSCN2407.jpg
DSCN2406.jpg
DSCN2405.jpg
DSCN2404.jpg
DSCN2403.jpg
DSCN2402.jpg
  1. 2012/06/30(土) 19:58:16|
  2. 但馬の情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ikiiki

  1. 2012/06/16(土) 22:15:27|
  2. 但馬の情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

但馬の名刹・古刹めぐり①

今日現役時代の会社OB三者会談?!

豊岡の新田地区のとある喫茶店で・・・

午前10時前から12時前まで・・・

時の経つのも忘れて話も弾み、あっという間の楽しい2時間だった。

その後、神美の友人と別れ、残り二人で、気の向くまま、

養父市十二所の真言宗新宮山満福寺へ参詣した。

途中満福寺と書かれた道標に従って進むと直ぐお寺が見つかった。

駐車場に車を駐めて本堂前へ進み参拝。

ところが阿弥陀堂前の石柱の山号と寺名が目的の満福寺さんと違う!・・・

DSCN1995s.jpg

その付近を見渡してもお寺さんが見当たらない!

看板のところをよくよく見ると道標の付近にもう1本道が、こちらだったのか、と思い民家の間を抜けてもなかな

かお寺さんが見当たらない。

そのうち民家のある街並みを過ぎて山道が続く・・・ひょっとして真言宗のお寺さんなので密教修行のため、山中

にあるお寺なのかと思い、山道を進んでいくと・・・石仏が一つ、さらに進むと、また一つ、そしてまた一つと続

く。

何体か過ぎると建物が見えてきた。

DSCN1996s.jpg DSCN1997s.jpg DSCN1998s.jpg

このさらに奥には本当の本堂があり、ご本尊様はそちらにおまつりしてある由、住職夫人の談。

DSCN2000s.jpg

この上に更に舗装された道が続く・・・どこまで続いているのか住職夫人に尋ねると、八鹿の朝倉に続く由。

後に越前守護で、一乗谷に居を構え、織田信長により滅ぼされた朝倉氏発祥の地はこの付近で古城跡にも近いよう

だ。

そのような歴史に思いを馳せ、朝倉地区へ下った。
  1. 2012/05/23(水) 17:54:57|
  2. 但馬の情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

あなかー

Author:あなかー
「あなかー」のプロフィール

リタイア後、ふるさとで年金生活をしています。現在いくつかのボランティアをしています。

ふるさとに帰って、ふるさとの素晴らしさに気づき、多くの人にその素晴らしさを識ってもらい、昔ふるさとの人、今ふるさとの人にも、その素晴らしさを紹介したい。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (27)
竹野の自然 (22)
但馬の情報 (6)
さんぱち会 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。